FC2ブログ

国内初 自動運転車の市街地走行試験

ランキングに参加、よかったらクリックをお願いします。

   にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

ランキングに参加、よかったらクリックをお願いします。


3月2日 


 NHKが3月1日に放送したらしい。動画を見るとハンドルがかなり大きく自動で切れていた(手は添えてるだけ)。
石川県珠洲市という能登半島の先っぽの市で(珠洲トライアスロンの開催地でもあり、私も何度も行ったとがある)、金沢大学が始めららしい。



以下NHK web ページより

ドライバーがハンドルやアクセルを操作しなくても、センサーで障害物を認識しながら自動で運転する次世代の車の走行試験が、1日から石川県珠洲市で始まりました。研究を進めている金沢大学によりますと、「自動運転」の車の走行試験を市街地の道路で行うのは国内で初めてだということです。
これは、金沢大学が大手メーカーの乗用車を使って研究を進めている「自動運転」の車の実用性を検証するために、珠洲市と連携して始めたものです。走行試験初日の1日は、地元の子どもたちや報道関係者も参加して、珠洲市内の道路を使って試乗体験が行われました。法律上の制約があるためドライバーがハンドルに手を添えていますが、ハンドルやアクセル、ブレーキなどは、車体の上に置かれたセンサーであらゆる方向の障害物を認識しながら自動で操作されます。
金沢大学によりますと、市街地の道路を利用した「自動運転」の車の走行試験は国内では初めてだということで、1日は目的地まで無事に走行しました。金沢大学の菅沼直樹准教授は「17年前から研究を続けてきたので、ようやく市街地を走行できて感無量だ。過疎地域を救う新たな技術として改良を重ねていきたい」と話していました。金沢大学は平成32年まで走行試験を行って、高齢化と過疎化が進む地域での導入に向けた検証を進めることにしています。


高齢化と過疎化対策だけでなく、障害者、片麻痺も一挙に利便性が上がると思う、早く市販されることを強く期待してます。

平成32年は2020年で各メーカーの目標年次と同じ、どこか抜けがけして早くならないかな〜。

個人が所有するでけでなく、

無人移動監視カメラ車、無人パトカー、無人登下校見守りカー、無人移動販売車、無人宅急便車(玄関先まで)、無人郵便配達車、
無人リハビリ送迎車、無人タクシー、無人トラック(夜の高速道路を走る)

等々使い道はいくらでもあると思う。



ランキングに参加、よかったらクリックをお願いします。

   にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

ランキングに参加、よかったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あらゆる状況に対応できるようになると素晴らしいですね。
街の中だけでなく、山の中とか砂漠の真ん中とか。

Re: No title

> あらゆる状況に対応できるようになると素晴らしいですね。
> 街の中だけでなく、山の中とか砂漠の真ん中とか。


金沢大学のおそらく一研究室の陣容と予算でも18年かければ出来るのが凄い。
デジタル化で技術の伝承がキッチリできるのでしょうね。

何処の国の何処の会社でも同じ技術を作れるということでしょう(USBメモリー一本で技術流出するかも)。

まあ2020年と言わず、早く実現することを期待してましょう。
プロフィール

がんばれ右半身

Author:がんばれ右半身
私は初老の男性、2011年3月に全く予兆なしに脳出血を発病し、約半年たったが、右半身不髄で現在リハビリ中。健康な時は、水泳(約27年間)、マラソン(約13年間)、トライアスロン(約11年間)を市民レベルで行って、血管は鍛えられて、脳卒中に縁がないはず・・・・

月別アーカイブ
こんにちは
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR