FC2ブログ

足の血行障害=閉塞性動脈硬化症(ASO)

5月9日  
  同じく、鹿児島市天文館の天文館ビル4F 西内科循環器科ホームページから引用

  動脈硬化の進行により、特に足の動脈では血流が悪くなったり(狭窄)、血流が途絶えたり(閉塞)します。
そうすると足が冷たくなったり(冷感)、しびれたり、歩行時に下腿のふくらはぎの筋肉が痛くなったりする症状がでてきます。
このような病気を閉塞性動脈硬化症(ASO)といいます。

1度:しびれ・冷感(急激な運動や連続歩行の直後などにしびれ、冷感がみられます。多くの場合症状もすぐ消失し、通常は無症状)

2度:間歇的跛行期(間歇的跛行といって 一定の距離を歩行した後、筋肉に痛みや硬直(ひきつり)を起こし、歩行不能になりますが、しばらく休息すると回復)
少し大きい文字

3度:安静時疼痛期(もっと血行が悪くなると、安静時(夜間)にも血液供給が不足し、疼痛が起こるようになる。こうした状態になると足の潰瘍、壊死が起こりやすくなるため、必ず治療する必要がある。)
4度:潰瘍、壊死期(見た目にも明らかに異常が現れる。すぐに適切な治療を行う必要がある。)



『しびれ・冷感』は右半身に有るが、片麻痺だからか?、閉塞性動脈硬化症(ASO)か?

とりあえず私の症状は、1km以上歩けるから『1度:しびれ・冷感』に相当か。

しかし、右足の感覚が鈍いから、右足の筋肉に痛みに痛みがあっても判らないから不安。




にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
ランキングに参加、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト



プロフィール

がんばれ右半身

Author:がんばれ右半身
私は初老の男性、2011年3月に全く予兆なしに脳出血を発病し、約半年たったが、右半身不髄で現在リハビリ中。健康な時は、水泳(約27年間)、マラソン(約13年間)、トライアスロン(約11年間)を市民レベルで行って、血管は鍛えられて、脳卒中に縁がないはず・・・・

月別アーカイブ
こんにちは
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR