FC2ブログ

言語療法

3名の先生が私の担当してくました、性別は伏せておいて、いずれも若い20代のチャキチャキの先生方である。 3つの訓練の様子を紹介する。まず『言語療法』、私の場合、幸いにも失語症はなっかたが、少々ロレツが回らない。私の言語担当の先生は、さすがに良く口の回る方で、立て板に水の感じで話される。
 そこで訓練は、まず、右頬を氷で冷やし、グルグルとマッサージをしてくれる。次いで、舌を突き出したり、右に左に動かす練習をする(先生は舌の筋トレと言っていた)、鏡で見てみると、少々グロテスクだが、いまだかって無いほど分厚いわが舌が動くのがわかる=同じ事を歯磨きの後で自主トレしても効果あったようだ。
 最後に、毎日違うプリントを大きな声で音読する(一応の訓練の部屋は個室)、1~2行の短文だが、わざと同じ音が繰り返し出てくるので舌を噛みそうになり、それが、5~10ページあるから肺活量の多いわが身でも息切れする、少々しんどい=このプリントも貰って帰り、後日暇を持て余した時の自主トレの材料とする。他の患者さんも何人かは、言語訓練が一番疲れると言っていた。幸い、『言語訓練』は40日程で終了できた。
 次回は『作業療法』の予定。  (9月19日記)


   にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

がんばれ右半身

Author:がんばれ右半身
私は初老の男性、2011年3月に全く予兆なしに脳出血を発病し、約半年たったが、右半身不髄で現在リハビリ中。健康な時は、水泳(約27年間)、マラソン(約13年間)、トライアスロン(約11年間)を市民レベルで行って、血管は鍛えられて、脳卒中に縁がないはず・・・・

月別アーカイブ
こんにちは
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR