FC2ブログ

転院

9月15日  
 入院生活5(急性期)
 現在の医療の進歩には驚く。たとえば、ある日何故かふらつく自覚症状を覚えた人が、近くの医院で見てもらうと、W病院のような基幹病院をの脳外科を紹介され、検査を受け必要があれば、入院後、手術となり、翌日には食事が取れ、翌々日には歩いている。とにかく回転が速く、多くの人が5日程度で退院、転院していく。私も入院1週間程度で転院先いくつか紹介され、早く決めて下さいとの事。
 このようにして、4月上旬、Kリハビリ病院へ転院。すっかり桜が満開の陽光がまぶしい日であった。病室につれて貰い、看護師も、女房もいなくなったころ合いを見て、車椅子に乗り移り、院内探検と洒落込む(このあたりの文章は、『吾輩は猫である』にてきたか? 似ていない! スミマセン)。しばらく回って病室に戻ると、許可なく一人で車椅子に乗り移ったりしてはイケません! どこでだれが見ていたのであろう。心配をしてくれ、善意で見守って頂いた,看護師のみなさんゴメンナサイ。かくして、許可を得ることに格闘する日々が始まった。
      (9月15日記)

   にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

がんばれ右半身

Author:がんばれ右半身
私は初老の男性、2011年3月に全く予兆なしに脳出血を発病し、約半年たったが、右半身不髄で現在リハビリ中。健康な時は、水泳(約27年間)、マラソン(約13年間)、トライアスロン(約11年間)を市民レベルで行って、血管は鍛えられて、脳卒中に縁がないはず・・・・

月別アーカイブ
こんにちは
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR