FC2ブログ

入院生活3(急性期)

9月13日 
   W病院の朝は6時起床で始まる、7時までには、合計3名医師が、毎朝のぞいていかれる。担当の脳外科の先生ともう一人何科の先生かわからないが様子見に来てくれ、リハビリ医師も全関節を動かしなさい、3ケ月が山とか激励してくれる。大学病院の例の大名行列まで、7時頃くるのには驚いた。しかし計1時間余のリハビリと3食以外にすることないから、入院生活はヒマで、じりじりする毎日であった。女房来てくれても遅いとか言ってしまったり、ロレツが回らないので、八つ当たりしてしまう事があり申し訳なく思っている。かわいい孫や娘が来た時も、すぐ疲れてしまう毎日であった。13階の展望食堂でみんなとブラックコーヒーを飲むひとときが無性に楽しい時間であった。
 この病気かかると、感情の変化が大きくなるようで、東日本大震災の惨状をテレビで拝見するたびに、涙が止まらなかった。    (9月13記)
 


   にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

がんばれ右半身

Author:がんばれ右半身
私は初老の男性、2011年3月に全く予兆なしに脳出血を発病し、約半年たったが、右半身不髄で現在リハビリ中。健康な時は、水泳(約27年間)、マラソン(約13年間)、トライアスロン(約11年間)を市民レベルで行って、血管は鍛えられて、脳卒中に縁がないはず・・・・

月別アーカイブ
こんにちは
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR